NO USE FOR A NAME

1987年カリフォルニア、サニーデイルで結成。トニー・スライク(vo、g)ら4人で活動を始め、「ターン・イット・アラウンド」でEPデビュー。’89年にアルバム『インコニトウ』発表。’93年にメンバーチェンジはあったが、その後は安定し定期的にアルバム制作を行なう。攻撃的でエネルギッシュなサウンドをが特徴。もはやベテラン・メロコア・バンドと言って良いだろう。多くのアーティストからリスペクトされる存在でもある。

’90 Incognito


’90年NEW REDARCHIVESよりリリース。’01年Fat Wreck Chordsより再リリース。
Incognito

’92 Don’t Miss the Train


’92年NEW REDARCHIVESよりリリース。’01年Fat Wreck Chordsより再リリース。
Don’t Miss the Train

’93 Daily Grind


’93年Fat Wreck Chordsよりリリース。
Daily Grind

’95 Leche Con Carne


’95年Fat Wreck Chordsよりリリース。
Leche Con Carne

’97 Making Friends


’97年Fat Wreck Chordsよりリリース。
Making Friends

’99 More Betterness!


’99年Fat Wreck Chordsよりリリース。
More Betterness

’01 Live in a Dive


’01年Fat Wreck Chordsよりリリース。
Live In A Dive

’02 Hard Rock Bottom


’02年Fat Wreck Chordsよりリリース。
Hard Rock Bottom

’04 Acoustic/NO USE FOR A NAME/Lagwagon


’04年Fat Wreck Chordsよりリリース。ノー・ユース・フォー・ア・ネイムのトニー・スライと、ラグワゴンのジョーイ・ケイプがお互いのバンドの楽曲をアコースティック・スタイルでカバーするという、夢の弾き語りアルバム。未発表曲もそれぞれ1曲ずつ収録。
Acoustic

’05 Keep Them Confused


もはやベテラン!ノー・ユース・フォー・ア・ネイムの3年ぶりとなるニュー・アルバムの登場です!今回ももちろんFATからのリリースです。
Keep Them Confused

’07 All the Best Songs


結成20周年のベテランメロコア・バンド、No Use for a Nameのベスト盤。デビュー曲から未発表曲まで全26曲を収録。
ALL THE BEST SONGS

’08 The Feel Good Record of the Year


オリジナル・アルバムとしては約3年ぶり9枚目。ディセンデンツのビル・スティーヴンソンと、彼のスタジオ・パートナーであるジェイソン・ライヴモアをプロデューサーに起用。
The Feel Good Record of the Year

最近の記事

カテゴリー

  1. お知らせ

    只今リニューアル中です。
PAGE TOP