RANCID


カリフォルニア州アルバニーの労働者階級集落で少年時代を共に過ごしたティムとマットは、87年、オペレーション・アイヴィーを結成。サンフランシスコにあるパンク・シーンの聖地ともいわれるギルマン・ストリートで活動していたが、わずか3年でバンドを解散。その後、目標を失ったティムはしばらくの間アルコールとドラッグに溺れる日々が続いたが、マットの助けで何とか立ち直る。

 91年、当時ルーム・メイトであったブレット(当時のドラム歴はわずか半年!)を含めランシドを結成。92年、ルックアウト!からシングルEPをリリース。翌年にはエピタフと契約し1stアルバム『ランシド』をリリース。このデビュー・アルバムに伴うUS/ヨーロッパ・ツアー後、元UKサブスのラーズがギタリスト兼ヴォーカリストとして加入。94年には2ndアルバム『レッツ・ゴー』をリリース。このアルバムを引っさげてのワールド・ツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディ・レーベルにとどまることを選択。それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーにジェリー・フィン(グリーン・デイ他)を、ミキサーにアンディ・ウォーラス(ニルヴァーナ、ソニック・ユース他)らを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した最もメジャー感のある3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ』を95年にリリース。このアルバムの中からはシングル「タイム・ボム」が大ヒットを記録。ワールド・ツアーの大成功も手伝って、このアルバムはアメリカや日本など、各国でゴールド・ディスクを獲得した。

 98年にリリースされた4thアルバム『ライフ・ウォウント・ウエイト』では、さらに多彩なゲストを迎え1年以上かけてニューオリンズやニューヨーク、ロス・アンジェルス、ジャマイカなどの各地をまわりレコーディングされた。00年にはデビュー・アルバムに続いて再びセルフ・タイトルを冠し原点回帰したとも言える5thアルバム『ランシドV』をリリース。 このアルバム以降、ティムが主宰するエピタフ内のレーベル:ヘルキャットからリリースされることとなり、さらにマネージメントからも離れ、まさしくDIYスタイルを確立していくことになる。その後、ティムはトランスプランツ、ラーズはラーズ・フレデリクセン・アンド・ザ・バスターズ、マットはデヴィルズ・ブリゲイドなど、各メンバーのソロ・プロジェクトを開始。

 そして、前作から約3年経った03年、再びランシドとして固く結束した彼らが6thアルバム『インデストラクティブル』をリリース。アルバムごとにテーマがあるというランシドの今作のテーマは「死」と「喪失」だった。マットは祖母を、ラーズは兄を亡くし、ティムは離婚を経験。さらにはバンドにとって常にヒーローであり、先輩であり、親友でもあったジョー・ストラマー(元クラッシュ)の死。それらの辛い経験を乗り越え、その先に見えた希望を込めたのが、このアルバム。「俺たちランシド4人は『インデストラクティブル』(不滅)だし、音楽をやる意味がある。ここには希望があるから。それは俺たち4人がいるからなんだ」(ラーズ)。ランシド史上最もヒューマニズムに溢れ“パンク・アンセム”ともいえる最高のアルバムを携えてランシドが帰ってくる! アルバム・タイトルどおり不滅のランシドの“今”を象徴する貴重なライヴになるだろう。

最近の記事

カテゴリー

  1. NEWS

    RANCIDティム(vo,g)、BLINK182トラヴィス(ds)のサイド・プロ…
  2. NEWS

    RANCID、DVD『The Music Videos: 1993-2003』を…
  3. NEWS

    RANCID、初の未発表音源集『B Sides And C Sides』をリリー…
  4. NEWS

    ニュー・アルバム『Trouble Maker』リリース&全曲演奏映像公開!
  5. NEWS

    ランシド6年ぶり7thアルバム 、6月3日全世界発売同時決定!
PAGE TOP