Matt Freeman

Matt Freemanのソロ活動の紹介。
ランシドではベースがメロディーを担当してしまう楽曲が多数あるほどだが、そのマットがエレクトリック・ベースをウッド・ベースに持ち替え、「サイコビリー」というスタイルの中で表現する、古くて新しいパンク・ロック。09年のランシド・ジャパン・ツアーで既に「ウッド・ベース」パフォーマンスを披露しその実力も証明済みだが、ファンの間で長年「出る出る」と噂されながら何故か世に発表されずにいた幻のプロジェクト「デビルズ・ブリゲイド」がついにベールを脱ぐ!メンバーにはもちろんランシドの中心人物「ティム・アームストロング(vo,g)」がメンバーとして参加!そして、なんとドラマーは、80年代のLAパンクを代表するバンド「X」メンバーのDJ Bonebrake!さらにラーズ(g)も1曲友情出演!ランシドのアツイ絆は永遠なのだ。

【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

最近の記事

カテゴリー

  1. 楽器

    RANCIDシグネイチャー・モデルのギター・ベース
  2. NEWS

    RANCID、初の未発表音源集『B Sides And C Sides』をリリー…
  3. NEWS

    グリーンデイのビリー・ジョーとランシドのティムが『アームストロングス』を結成
  4. NEWS

    RANCIDも入った激安ロック・コンピ「モッシャーズ・ディライト vol.1」発…
  5. NEWS

    The Interrupters PV第2弾 “Title Hold…
PAGE TOP