LARS FREDERIKSEN

ラーズのソロバンド。
時は遡り、ラーズ16歳の時。場所は彼の地元、キャンベル。ギターを手にした当時の彼に、右腕的存在のベンという親友がいた。ベンはとことんパンクでカリスマ性があって、常に相手のことを考えられるヤツだった。ラーズとベンは、盗むのも飲むのも喧嘩するのも常に一緒で、周りからは”Terrible Twins(恐ろしき双子)”と言われていたという。そして2人で腕を組んで世界制覇を目論んでいた。それからずっと後、キャンベルを出てRANCIDに入ることになったラーズは、親友であり共犯者であるティムに、事あるごとにベンの話をあれこれ聞かせていた。

そして現在。おかげですっかり詳しくなったティムが、ある日「おまえのキャンベル時代の話を曲にしてレコードを作らないか」と提案した。そしてこのプロジェクトが始まったのだ。ラーズとティムで曲を作り始めたら拍子で進み、ティムがプロデュースする事になってレコーディングに入ったらこれまた順調で、なんと曲作りからレコーディングまでトータル5日間で終了してしまったという。しかしそんな短期間で仕上がったとはとても信じられない程の楽曲のクオリティーの高さであることは言うまでもなく、既に音を聴いた人からは「RANCIDよりもRANCIDらしい」というコメントが続々届いている。

’01 Lars Frederiksen & The Bastards


全曲通してLARSの男臭さがにじみ出している。ティムも参加し、全曲が2人による作品となっている。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’04 Viking


1stをはるかに凌ぐLARSの2nd!RANCIDとはまた違うR&Rを基調としたゴリゴリパンクのオンパレード。RAMONESの超進化系。FACE TO FACEともまた違う。GBHがR&Rやったらこうなるかな?とにかく全てのパンクファン必聴! 損はなし。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

THE OLD FIRM CASUALS

Larsが新しく結成Oi!バンド“THE OLD FIRM CASUALS”。2011年頃結成、当初は3ピースだったが現在は4人編成に。良い感じに男くさくRANCIDとはまた違った良さがある。

最近の記事

カテゴリー

  1. NEWS

    RANCID、初の未発表音源集『B Sides And C Sides』をリリー…
  2. NEWS

    ランシド6年ぶり7thアルバム 、6月3日全世界発売同時決定!
  3. NEWS

    RANCIDティム(vo,g)、BLINK182トラヴィス(ds)のサイド・プロ…
  4. NEWS

    ニュー・アルバム『Trouble Maker』リリース&全曲演奏映像公開!
  5. 楽器

    RANCIDシグネイチャー・モデルのギター・ベース
PAGE TOP