ME FIRST AND THE GIMME GIMMES


NOFXのファット・マイクを中心としたFAT WRECKオールスターズともいえる面子で構成されるカヴァー・バンド、ミー・ファースト&ザ・ギミ・ギミズ。カヴァーではあるがオリジナリティーあふれるPUNKサウンド。NOFと共にオススメバンド。

Vocals: Spike Slawson ( Swingin’ Utters )
Guitar: Jake Jackson ( ex.No Use For A Name,現Foo Fighters )
Guitar: Joey Cape ( Lagwagon )
Bass: Fat Mike ( NOFX )
Drums: Dave ( Lagwagon )

オフィシャルサイトでもギターは”Jake Jackson”ってなってるけど、彼は現フーファイの”Chris Shiflett”と同一人物。詳しくは分からないけどJakeはギミギミ用の名前なのかも。元NO USE FOR A NAMEで’99年8月にオーディションでフーファイに加入。

【追記】2018年現在FAT MIKEはツアーに参加してなくてBad ReligionのJay Bentleyが代わりにベースを担当してる。

’95 Have a Ball


昔の名曲をメロコアのりにアレンジ。選曲も渋いのでぜひお薦め!ビリージョエル、サイモン&ガーファンクルなどの曲ののりのりアレンジ!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’99 Are a Drag


セカンド・アルバム。後年クラプトンもライヴでカヴァーし、日本のミュージシャンもこぞってカヴァーし始めたクラシック・ナンバー“オーヴァー・ザ・レインボウ”、『恋がしたい×3』の主題歌だったカーペンタースの“レインボウ・コネクション”を筆頭にどこかで絶対耳にしているはずの名曲ばかりをメロディック・パンク仕立てでカヴァー!なんにも考えずに楽しめる一枚!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’01 ターン・ジャパニーズ


ハイスタのPIZZA OF DAETHから日本のみのリリース。どこかで一度は耳にしたことのある名曲を、パンク風にアレンジしてカヴァーしたという、ユニークなアルバムだ。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>

’01 Blow in the Wind


サード・アルバム!今回は今まで以上に耳馴染みのあるナンバーが目白押し!数々のレゲエ・アーティストに愛されているキャット・スティーブンズの“ワイルド・ワールド”、ビートルズの“オール・マイ・ラヴィン”、ベイ・シティ・ローラーズ経由の“二人だけのデート”などなどやっぱり今回もマスト!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’03 Take A Break


約2年ぶりとなる4thアルバム。今回はボーイズIIメン、プリンス、スティーヴィー・ワンダー、ヴァネッサ・ウィリアムス、Rケリーなどブラック/R&B系を中心にカヴァー!やっぱり老舗は違う!ただテンポを速くしただけのカヴァーバンドとは別もの!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’04 Ruin Jonny’s Bar Mitzvah


今回のギミギミズは初のライヴ・アルバム!
アメリカではポピュラーな結婚式ソング「Jonny’S Blessing」を筆頭にレッド・ツェッペリン「Stairway To Heaven」ビートルズ「Strawberry Fields Forever」ブロンディー「Heart Of Glass」ビリー・ジョエル「The Longest Time」などをプレイした楽しすぎるライヴです!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’06 Love Their Country


“ブラック/R&B”がテーマだった前作『Take A Break』以来、約3年ぶりとなる今回の作品のお題は“カントリー&ウエスタン”!
ギミギミズのスタイルから言ってカントリーやウエスタンは凄く相性くハッピーな曲が多いです!
【amazonの購入画面へ CD盤】>>

’08 Have Another Ball


60~70年代のヒット曲のカバー。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’11 Go Down Under


オーストラリア出身アーティストのヒット曲のカバー。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’11 Sing In Japanese


日本のヒット曲のカバー。日本語のまま結構ちゃんと歌っている。
HERO(ヒーローになる時、それは今) (甲斐バンド)
Kokoro No Tabi(チューリップ)
Kekkon Shiyoyo(吉田拓郎)
C-C-C(ザ・タイガース)
22 Sai No Wakare(かぐや姫)
Linda Linda(ザ・ブルーハーツ)
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

’14 Are We Not Men? We Are Are Diva!


女性シンガーのヒット曲のカバー。
【amazonの購入画面へ CD盤】>>
【amazonの購入画面へ デジタル盤】>>

最近の記事

  1. NEWS

    Me First And The Gimme Gimmes PUNKSPRING…
  2. NEWS

    NOFX PUNKSPRING2007 出演
  3. NEWS

    NOFXライヴアルバム発売
  4. NEWS

    NOFX自伝 間違いだらけのパンク・バンド成功指南
  5. お知らせ

    只今リニューアル中です。
PAGE TOP